I am motorcycle driver.

Dan鈴木のブログ 

Winter moto trip その3

淡々と高速を走る。無になって淡々と走る。二三時間走り続けていると、タイムマシンに乗っているかのような気持ちになる。

なんだか不思議な感じだ。そう、でもいつも長距離ライドはこうだ。この感じが僕は好きだ。

オートバイの鼓動が身体中に響き、そのうちそれが日常みたいな感じに身体に同化してくる。

北陸道、追い越しをかけるために一定のパルスを保っていたエンジン回転数をアクセルをひねってスピードをあげ車線を変える。

ウインカーをあげて元の車線に戻る。この行為を今日は何回やっただろうか。

ああ、日差しが暖かい。

頭上の看板には「富山」の文字。

そうだ、今日は富山に行くのだ。

f:id:dansuzuki:20151229010037j:plainf:id:dansuzuki:20151229010034j:plain

親不知の崖地帯 富山県 

 

f:id:dansuzuki:20151229010040j:plain

f:id:dansuzuki:20151229010041j:plain

白馬岳槍ヶ岳穂高岳を望む 富山県側より

 

一昨年もやっぱりオートバイで訪れた富山県。なぜだか最近惹かれる。この雪化粧した山々が背後に控えるサラウンド感がたまらなく綺麗な景色だ。突然の降雪や道路の凍結などがあるからオートバイに行くにはギリギリの季節。

たくさんの見どころがある富山県、冬の魚介、寒ブリ、温泉、黒部、氷見漁港、そしてこれから通る、ブリノーベル街道、ここが今日の目的地といってもいいだろう。気持ちのよい道なのだ。

広告を非表示にする